自由空間ステフ

富と名誉が欲しい

祖母×祖母

こんにちは。

  f:id:Stepharu:20161009194754j:plain

逆光から失礼します。

まるで心霊写真の後ろの人が田舎の祖母の家に遊びに来た写真のようになっていますが、残念。今日は東京の祖母の家に来ています。田舎じゃないよーん

どうしてここにいるかと聞かれてしまうと答えようがなくて質問者を力ずくで黙らせないといけなくなるのですが、とにかく僕は祖母の家にいるのです。

 

今日は東京の祖母の家に行ったあとに北海道に住む田舎の祖母に会うというなんとも祖母づくしな一日。祖母だけでなく祖母の親族とも会うので、今日から僕の趣味は将棋と盆栽と落語鑑賞になってしまうかもしれません。どれも親族の中で趣味にしている人が居ないのでまず大丈夫でしょう。

 

なお、 

f:id:Stepharu:20161009224804j:plain

今回も安定の見慣れた私服です。

この服は日記にも何回か登場している僕の持っている2着の冬服のうちの1つです。

 

祖母のいるホテルは幕張の方なので車で向かいます。

f:id:Stepharu:20161009225153j:plain到着

高すぎ

高所恐怖症の人が間違って予約してしまったら確実に死にますね。そもそも間違って上層階の部屋を予約する時点でどうかと思いますが。

祖母の泊まっているホテルは50階建てで、僕の気持ちも高まって時代遅れの寒いポーズを取っていましたが、9回の部屋でした。ぬか喜びもいいところです。

50階から一気に1階まで降りたときは、止まるときに下にすごく力がかかって背が縮んでしまった気がします。縮んでいても、誰に怒りをぶつけたらいいんだ。

 

f:id:Stepharu:20161009225057j:plain

ホテルからはQVCマリンフィールドや幕張メッセが見えました。人が豆のようです。

 

ホテルのエレベーター近くには絶対高級なソファーがありましたが、僕が座るとどうしても成金臭が出てしまい、庶民と高貴な身分の違いを知らしめられる結果となりました。服のせいかな。

f:id:Stepharu:20161009225603j:plain

 

実は祖母と会うのは、夏休みに祖母の家に行っていたため二ヶ月ぶりでした。

 

僕「久しぶり。」

祖「あんたボケたんかい?ついこないだ会ったじゃない。」

 

たしかにボケたのかと言われればボケたのですが、老いてボケる方だと解釈されてしまったのが残念でした。

 

このあとは祖母一族と食事に行き、会話を楽しみました。

実際、高校生の僕は集まった平均年齢60オーバーは確実な人達に混じって話すことはほぼ不可能なので、一人で黙々ととんかつを食べていました。

f:id:Stepharu:20161010083758j:plain

苦です。

 

ふだん食の細い僕も今は食べること以外することがない上に、何を血迷ったかメガロースとんかつを注文してしまったので、普段はあまり食べないご飯を3膳も食べてしまいました。

いつもたくさん食べる人にはわからないと思いますが、単純にいつも自分の食べている量が2倍になったと考えていただければわかりやすいと思われます。

f:id:Stepharu:20161010083819j:plain

そのうえ、一膳のご飯が量がおかわりするたびに増えていくのがなかなかハードでした。いうならば二次関数のグラフの増え方です。

 

もう何も入らないくらいに満腹になった僕らはホテルに戻り、談笑をしました。

部屋に向かう途中にあった牛の像が大きくて、思わず写真を撮ってしまいました。

f:id:Stepharu:20161010090425j:plain

なかなからしく撮ることができたと思ったのですが、後々牛を見返してみると、

f:id:Stepharu:20161010090531j:plain

確実に前に突っ込んでいく姿勢ではありませんでした。こんな写真をTwitterなどに上げてしまっては、確実に炎上してしまうに違いありませんね。

食べすぎたあとにこんなことをしているので、もちろんお腹が痛くなってしまいました。救えないアホです。

 

祖母たちが楽しそうに話している中、僕は自分の頭の中でボケたことをひとりで突っ込んで過ごしていました。

 

夫「おまえ、ティッシュをくれ。」

妻「なに、あんた亭主がほしいんかい?」

夫「ばか、俺がほしいのはティッシュだよ。亭主でものを拭けるか。」

妻「うちの亭主は、もの拭けるどころか老ける一方だからね。」

夫,妻「ガハハハハ」

 

頭のなかで考えていたときはもっとましだと思っていたのですが、書き出してみるとなかなかのパンチ力がありますね。これを今からインターネットに流すのが憂鬱で仕方ありません。

口にしながら外を歩いていたら、交番に連れて行かれてもおかしくない内容でしたが、自分の頭のなかで完結させたので大丈夫でしょう。

こんなことを一人で考えていることはつゆ知らず、僕以外の人々はところどころ聞いた会話の内容から察するに、1時間ほど魚のブリの話をしていたのでなかなか楽しかったのではないかと思います。ブリで1時間話が続くことに驚きを隠せません。 

時刻は5時、よいこは家に帰らないといけない時間です。

「悪い子だから家に帰らないもんねー」と言いたいところですが、そんなことを口走っては僕は母からビンタを食らって頬を分子に分解されてしまうのでおとなしく帰ります。

 

帰り道のコンビニの

f:id:Stepharu:20161010091205j:plain

 

f:id:Stepharu:20161010091216j:plain

「パンを」

このあとに何を言うのか。それとも「みつを」的なものなのか。もしかしたらこれは見た人を試しているのかもしれませんが、どうでもいいのでスルーしました。

 

テスト勉強をしないといけないこの期間、昨日は学校説明会に今日は祖母との会食。なかなかハードな日程ですが、負けずに頑張りたいです。

とりあえずこれを書き終わったらアイスを食べながら録り溜めたビデオを見ようと思います。

 

 

今回は以上です。