読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

お菓子摂取制限のススメ

 

こんにちは。

 

f:id:Stepharu:20161013224134j:plain

季節はすっかり秋になり、朝は長袖の衣類に袖を通さないと凍えて死ぬような気候になってきました。

この書き出しでGWの画像を載せてスミマセン。

 

僕の腕には絶えず鳥肌が住み着いて、このまま春まで旅立ちそうにありません。

 

秋といえば、美味しい旬の食べ物が並んだり、読書の秋、スポーツの秋など、色々なものが思い出されます。

僕はなんでも秋をつければいいという安直な考えがとても気に入りません。

そのうちゲームの秋や映画の秋、終いには桜の秋なんてものが出てきそうで恐ろしい限りです。『夏はポケモン!』みたいな感じでしょうか。

 

コンビニにはスイーツの秋といったポップとともに、栗やサツマイモといった秋の味覚を使ったスイーツが並び始めました。

 

さて

突然ですが皆さん、

 

お菓子、食べすぎていませんか?

 

今日ではコンビニやスーパマーケットに美味しそうな商品がずらりと並び、毎週のように新商品が開発され、もはや流行を追いかけるのは不可能に近いです。

もし流行を追いかけようものならば、自らの体を豊かに肉体改造せざるを得なくなる犠牲が目に見えます。

f:id:Stepharu:20161013224008p:plain

最新のアンケートでも、お菓子を食べすぎていると答えた人は80%を超えており、単純に考えて地球にいる50億人以上がお菓子を食べすぎているのです。

 

ここで僕は提案します。

 

「お菓子と距離を置いてみませんか?」

 

家に帰ってすぐにお菓子の封を切り、だらしない格好でソファーに座り、スマートフォンをいじくりまわす生活はもうやめましょう。

このままお菓子を食べ続けたら、人類が重くなりすぎて地球が割れてしまうかもしれません。

上の文がまるでIQ3の人が書いたようになってしまいましたが、これでも義務教育をクリアしています。

 

実際に甘いもの断ちを一週間やってみた僕ですが、始めた次の日から顔にニキビが出る、お菓子をたべる人が急に増えるなど奇妙な事がたくさん起こりました。

 

それでも、夜ご飯がさらに美味しく感じられるというこのうえない幸せを手に入れることができるのでおすすめです。

 

というわけで、皆さんぜひお菓子断ちをしてみてはいかがでしょうか。

僕は明日からお菓子制限第二弾の、「脂質をふくんだお菓子摂取制限」に入ります。

この制限により、僕の食べられるお菓子やスイーツがグミとおせんべいだけになりました。地獄ですね。

一週間地獄の日々が始まろうとしています。

 

適当日記ですがお許し下さい。

 

 

今回は以上です。