読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

《喜》さらばテスト‼︎こんにちは自由!!

日記 学校

こんにちは。

 

今日ついに、

f:id:Stepharu:20161021184843j:plain

長かった戦いが終わりました。

あとは採点と結果を待つのみです。むしろ採点待ちのほうが神経を擦り切らせてストレスが溜まります。

 

それでも、写真の通りテストの終わった喜びに溢れていて、今にも眼下に広がる校庭に、雄叫びを響かせたくなる衝動を抑えています。

f:id:Stepharu:20161021225555j:plain

漏れてますね。

 

そんな喜びに埋もれているのもつかの間。月曜日には模試が待っています。

誰もが望んでいないであろうこのタイミングでの模試。全校アンケートを取ったら「したくない」と答える人は98%は堅いでしょうね。f:id:Stepharu:20161020175355g:plain

残りの2%の方は自分には理解のできない思考をお持ちでしょうから、そっとしておくべきかもしれません。下手に神経を逆なでしてしまっては、夜中に円周率を唱えられて眠らせてくれなくなったり、耳元で延々と助動詞をつぶやかれるかもしれません。

 

テストが終わってすぐ帰ろうと準備をしましたが、思い出しました。

「今日は部活」だと。なんってこった。今までの幸福感が全てどこかに行ってしまい、たちまち世界は闇につつまれてしまいました。

今日は月に一度の水質調査の採水日です。もし今日休んだ日には、化学部員全員による化学的な仕返しが待っています。化学部の総力で仕返しをされては、僕の存在はなくなって、全て溶かされて気体かイオンになってしまうでしょう。

 

今までも、

「部活対部活で戦争をしたら、確実に化学部が勝つ。」という考えを持っていた僕にとって、化学部のお仕置きは死よりも恐怖です。薬品庫さえあれば勝ちです。

死よりも恐ろしいことをされた上に消されるという、スパイもびっくりなフルコースを食らうのは嫌なので、ちゃんと部活に行きました。情報を吐いても吐かなくても最終的に待っているのは「削除」という救えない未来。世界から戦争と悪がなくなるといいですね。

 

f:id:Stepharu:20161021191250j:plain

大きな橋の上から水を採っているので、腕が長い人がとても有利です。

ぜひ、腕が30m有るという方は入部してください。天国のような待遇と過酷な労働が君を待っています。報酬は塩と水です。生きてはいけます。

腕が長い人が居ないときは、ロープを結んだバケツで採っています。化学部始まって以来、伝統の方法です。

 

帰り道で見つけた、哀愁漂う「何か」が面白かったので写真を撮りました。

f:id:Stepharu:20161021191755j:plain

見てください、魚が埋まっているんですよ?

 

魚が埋まっているんですよ?

 

この今までに見たことのない恐ろしい光景に、僕の頭は一瞬思考を停止してしまったほどでした。

自由に水を動き回ることを許された魚が、コンクリートで固められています。僕らで例えると、歩けるのにも関わらず足を埋められる、喋ることが出来るのにメールを強要されるようなものです。こんな残虐なものを道端に添えてしまっているこの街は変です。

 

変です。

 

昔ここには小川が流れていて、水もろとも石にされてしまったのでしょうか。それとも石で魚を模倣したものを作って、それを飾っているのでしょうか。

どちらにしても謎は深まるばかりです。 

f:id:Stepharu:20161021192121j:plain

奥のこいつに至っては、もはや「リボンを付けているひねくれ者のたけのこ」でしょう。 だれだよ、「たけのこと魚」のモニュメントを道端に飾るのを許可したやつ。

 

f:id:Stepharu:20161021193214j:plain

描いてみようと思ったのですが、あいにく絵を書くのが苦手なのとたけのこを日常的に見ないということから、こんなふうになってしまいました。

エビフライだろこれ。

 

一応エビフライを知らない人のために簡単に説明すると、

エビにパン粉に付けた料理です。エビフライ@Wikipedia

 

どうでもいい方向に話がそれてしまいました。何の話をしていたのでしょうか。

もとの話に戻したところでたけのこの話になってしまうので、この話は終わりにしましょう。

 

採水から帰り、他のポイントに行っている人を待っている間に実験をしました。

f:id:Stepharu:20161021223332j:plain

CH3COOH,酢酸を測っているときの写真です。

f:id:Stepharu:20161021223400j:plain

酢酸といえば、中学校で細胞の学習をしたときに使った薬品の「酢酸カーミン液」を思い出す方も多いと思います。酢酸カーミン液にはこの酢酸が使われています。

うっすら覚えてる人もいるかもしれませんがこの酢酸、鼻を突き刺すような刺激のあるにおいがします。例えるなら、槍を持った兵が一気に鼻孔を攻撃してくる感覚です。

 

要するに、家庭にもかならずあるであろうの匂いです。

写真からはわかりませんが、酢酸を入れるたびに「におい」が舞って、よっちゃんいかを鼻に貼り付けたような感覚に襲われます。ふつうに地獄です。

 

よくよく考えると、化学部でもいつもいつも臭い薬品(アンモニア等)を扱うのは僕な気がします。アンモニアと酢酸をまとっていれば、すべての人との干渉がなくなる犠牲を払って、その代わりだれにでも勝てる気がします。だったらむしろ負けたい。

臭マスターみたいなね、最悪ですね。

 

家に帰り、食べ損ねたお昼ごはんを食べました。

誰か知りたい人がいるかもしれないので書きますが、チャーハンを食べました。

 

その後は、テレビを見たり他の人のブログを読んだり部屋の片付けをしたりと、テストの終わった喜びを静かに噛み締めていました。

 

久しぶりのちゃんとした日記だったので、まだ感覚が取りもどせていません。早く戻ってきてほしいです。

 

最後に、

先程総アクセス数が2000を突破しました。嬉しいです。

1000回のときに続き、今回もキリ番スクリーンショットを撮り損ねたので、もっと色んな人に見てもらえるようになって3000のスクリーンショットを撮りたいです。

f:id:Stepharu:20161021224958p:plain

 面白かったら友達にも教えてあげると、非常に嬉しくて僕が震えます。

 

 

今回は以上です。