読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日常なまいき日記

こんばんは。

 

ついちょっと前に書いた日記で、今週末はお出かけをすると日記に書いていた僕ですが、

急ですが、今週末東京の方に行こうと考えています。 浅草や新宿、四ツ谷などにいきたいです。

つれづれなるままに - Stepharuの日常から

この予定は僕の勘違いから生まれた幻でした。

一緒に行く予定だったと友だちに聞いたところ、「今週末は忙しい」と一喝されてしまい、めでたく今週末の僕の予定はすっからかんになりました。また一人で映画にでも行きましょうかね。

 

日にちを間違えてお出かけの予定を立てていた自分が悪いのですが、電車の時間も交通費も食事をする場所も、だらしない表情を浮かべながら計画を立てていた自分が憎くて仕方ありません。今日はもうヤケ寝したい気分です。

 

ということで、今週末も10時まで寝て昼までゴロゴロダラダラして、午後も特に何もせずお菓子を食べて寝っ転がりながら映画でも見てるのではないでしょうか。

神様が見たら、与えてもらった命を取り消されかねない堕落した生活ですが、かといって一人で動物園でも行こうなんて気分にはなりませんし、なんとか神の目から逃れながら隠密に週末を過ごそうと思います。

 

今日は学校がありました。

まるで休日に登校したような言い草ですが、通常通りです。

と、いっている間に放課後です。

f:id:Stepharu:20161026223046j:plain

昼間はあんなに高くにいた太陽もすっかり傾き、今日も1日の終りが近づいてきます。

帰りに学校の近くにある公園に友達と寄って遊びました。

高校生二人が夕方に公園で遊んでる時点で社会的地位が揺るぎそうですが、高校生が公園で遊んではいけないなんて法はないのでハチャメチャに遊びました。

上の写真を見て貰えば、僕らがどのくらいハチャメチャに遊んだかが手に取るようにわかると思いますが、念のため説明すると、

上の写真の真ん中の僕は、「重力の方向を操作されている設定ごっこ」をしています。終わってからすごく心に穴が空いた気分になりました。

この写真を撮っていた時の状況を考えてもらえば、なかなか壮絶な現場だったことがわかると思います。二度とやりたくないです。

 

その後もブランコを170度位まで漕いで遊んだり、むちゃくちゃ小股で歩く犬に心を洗れたりと充実した公園ライフでした。

 

公園にいた時間を家で勉強すればいいのにと感じる方も多いかもしれませんが、勉強ばかりしていてもストレスばかり溜まってしまい、かえって悪影響なのではないかと僕は考えています。

それに対して、そもそもストレスが溜まるほど勉強をしていないだろうといった反論をされる方もいらっしゃるかもしれませんが、そう言われてしまうと僕は返す言葉がなくなり、音の出る靴を履いて外を練り歩いて、最終的にこのブログは、

Stepharuのバブバブ日記、粉ミルクと私」に改められて、毎日更新される内容はベビー用品を赤ちゃん目線から辛口にレビューするブログになってしまうので、どうかその反論は心の中にしまっておいてください。

 

もしそうなってしまった場合、記念すべき最初のレビューは赤ちゃん用かっぱえびせんのレビューになり、「ベビー用品とはいえ、味が薄すぎて食べた気がしない。カレー粉やブラックペッパーなどの香辛料でアレンジを加えるのがおすすめ。」と書きます。やな乳幼児だな。

 

疲れてお腹もペコペコペコちゃんになって帰ってきた僕は、すぐにご飯を食べました。

夕食のときに一緒に、よくわからない駄菓子を食べました。

f:id:Stepharu:20161026225335j:plain

なまいきビールという名前を持ちながら、パッケージの下部に「ノンアルコール 酔えません」の文字を載せて煽ってくる生意気ぶり。これには僕もタジタジです。

 

正確には食べるではなく飲むになるのかもしれませんが、そもそも「固形の飲料」という物理を超越したお菓子だったので、困惑してしまった僕はとりあえず水にそのお菓子を放り込みました。普通ですね。

これだけをレジに通してもらってシールを張ってもらったときは、今日最大級に恥ずかしかったです。

 

駄菓子なのでそもそも期待は全くしていなくて、

f:id:Stepharu:20161026225703j:plain

しばらくしてコップを見たときに、目の前にもはやビールそのものが現れたときはびっくりして、咳とひゃっくりが一緒に出て取り返しの付かないことになりました。

これまた泡と飲める部分が1:1という生意気な状況。完全に僕の負けです。

 

味はビールではありませんでしたが、よくわからない何かでした。百人中百人が味を聞かれても明確な答えを出せないと思います。もはや恐怖すら覚えます。

 

なんともない日常でした。

 

 

今回は以上です。