自由空間ステフ

富と名誉が欲しい

お題にそってブログを書くのは苦手だったようだ

はてなブログ5周年ありがとうキャンペーンお題第2弾「5年後の自分へ」
http://blog.hatena.ne.jp/-/campaign/hatenablog-5th-anniversary

こんにちは。

 

今日は、はてなブログのお題という昨日をつかって書こうと思います。

このお題というものを使ってブログを書いたことがないので、どのようなものなのかを理解していないのですが、毎日日記を書いていてネタがない日もよくある、僕に対しての救済措置だと考えています。

ついこの前の9月からブログを始めた僕が「5周年ありがとうキャンペーン」に参加するなんて、読み手からすれば「野球部員がゆで卵になる」くらい変な話かもしれませんがよろしくおねがいします。

 

長々と前置きを書きすぎると本題に入る前にページを閉じられてしまう可能性があるので、本題に入ります。

 

お題は5年後の自分へです。

いまは「趣味は『自動販売機下の小銭集め』の、汚れ一つ知らないピチピチの高校生」ですが、5年後ともなると社会の理不尽や黒い部分を知った大学生になっているのでしょう。

東京オリンピックを終え今まで以上に国際化が進み、街には今以上に外国人の方が歩いているかもしれません。

仕事も簡単なものは、人間に代わってコンピューターがほとんど済ませてしまうかもしれないとも言われています。

ついこの間まで好きだったものが、ふとした瞬間に急に冷めてしまうような今の僕には、5年後の自分は全く予想もつきません。

 

5年後の自分に望むことは、まずはこの日記を書き続けていることです。あわよくば人気になっているといいなと思います。

趣味といった趣味がない僕にとって、このブログは唯一継続しているもの。忙しい日も何かは書くようにしていたら、始めて70日が経っていました。

今はちょこちょこ読まれる程度ですが、5年後にはもう少し有名になっていてほしいです。

今まで書いていてよかったと感じたことはほぼ皆無ですが、それでも「この日はこんなことしていたんだな」と、書いた日記を読み返して思い出に浸っています。

 

いざお題にそって書こうと思うと、なかなかうまく書けないものですね。いつも型にはまらないで好き放題に書いていたので、もしかしたらこういう書くことに制限を受けるのは苦手なのかもしれません。

 

ということで、ココからはお題を無視していつも通りの日記を書きます。

 

 

空気が乾燥してきて指や唇が乾燥してきました。

リップクリームを塗って保湿をしたいところですが、あいにく僕のリップクリームはありません。リップクリーム過激派からすれば、僕は人間として認定してもらえないかもしれない恐れがありますね。

それというものの、5年前くらいにリップクリームの蓋をとある駅で紛失してしまい、5年間ずっとむき出しにされたものしかないのです。今あるリップクリームは、リップというよりミイラに近いです。

とはいえ、そこにリップクリームが存在し続ける限り新しいものを買ってもらうわけにはいきません。実際、買ってもほとんど使わないので必要かどうかすら怪しいのです。

だいたい、男子高校生の唇がプルプルツヤツヤでも全く利益が生まれないと思います。

 

今日は放課後に久しぶりの部活がありました。

先日修学旅行から帰ってきた先輩が、お土産を買ってきてくださいました。

それがこちら。

f:id:Stepharu:20161108225955j:plain

ついに先輩は僕たちのことを殺しにきました。一体僕が何をしたというとでしょう。

6分の1の確率で激辛まんじゅうが当たるという誰も喜ばないサプライズ付き。辛いまんじゅうというものがそもそもおかしい。

f:id:Stepharu:20161108230522j:plain

見た目は普通のお饅頭ですが、一度口に入れれば牙を剥きます。

見事にあたりの激辛まんじゅうを引いた僕は、30分ほど島とうがらしの辛さにひたすら耐えていました。

まるで日記のネタのために神様が当ててくれたようなタイミングだったので驚きました。

これからもネタに困った時はよろしくお願いします。

 

まとまった文が書けなくてつらいです。

 

 

今回は以上です。