読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

さあ、週末へ

日記 学校

こんにちは。

 

昨日アンケートをとってみた結果、日記の中に出てきた人物の人気ランキングは、同率一位でたいやきくんとんごくん。二位が関口メンディーさんでした。

優勝したたいやきくんのコメントは、

「部活があるのでごめんなさい」

とのことでした。誰に対しての謝罪なのかわかったものではありませんが、誰もそんなの気にしてないから安心してクリスマスも練習に励んでください。

日記を書いている側の僕からすると、顔が認識できるすべての人に平等にモザイクをかけているのにもかかわらず、好みが分かれるのが不思議です。みんな黒い塗りつぶしじゃん。

ここに、「どんなイケメン俳優もブサイクを売りにする芸人も僕のモザイクの前では為す術もなく倒れ、いつかは土に還る」という提唱をします。

 

 

今日は金曜日。毎日のように「今日は◯曜日」という書き出しで日記を書き始めているような気もしますが、もはやテンプレートにしてしまえば不信感すらも感じなくなるでしょうから、これからも続けていきます。

金曜日は、週の疲れが分離したドレッシングのように溜まって、朝起きれば疲れが抜けていない。駅に行こうものなら歩くのすら辛い。限界まで疲れ、考えることすらも放棄した成れの果てには、エスカレーターを逆走していることにも気が付かずに歩き続けて学校や会社に遅刻してしまう恐れすらもある危険な曜日です。

 

駅に着くといつも通りホームには人がいて、上り電車を待つ人がホームの半分を覆っています。僕は反対の下り方面の電車にのるので少しばかり上り電車よりも空いています。

空いているといえども電車の中では立っている人が多く、通勤客を喜ばせようとブレイクダンスを踊った日には乗車している人を次々に攻撃して社外に追いやってしまうほどの混み具合。奉仕をしようという善意は心の底にしまって、静かにいろんなブログやニュースを読んで過ごしました。

 

 

学校に行くと勉強をしている人がちらほら。

僕も席について教科書を取り出し、勉強をせずに教室をウロウロしていました。

窓の外をみると、自分の乗った電車の次の電車に乗ってきた人たちが校門をくぐり抜けています。

特に面白いこともなかったので、放課後に飛びます。

 

 

とはいえ、放課後も特に何もなく、提出が迫った課題をパソコンで作っていました。

最初は友達が教室に残っていましたが、次第に部活に行ったり帰宅したりと居なくなっていき、終いには教室には僕一人になってしまいました。

f:id:Stepharu:20161118230109j:plain

悲しい。

誰かいると思って話しかけたときに返答が一切なく、教室に一人だったことに気がついたときは涙がこぼれそうになりました。涙の数だけ強くなれるのであれば、僕はとっくにレベル100です。

f:id:Stepharu:20161118230324j:plain

このあとは部活に向かったのですが、すでに部活が終わっていました。空回りするなあ。

 

 

明日は待ちに待った休日。しかし近隣の大学までいって実験教室のようなものを開くという重要なイベントが控えています。

土日の両日ともそのイベントは開催され、おそらくたまった課題は減ることなくむしろ更に増えていくことでしょう。週明けには漢字テストと英単語テストと日本史の小テストが牙を向いて待ち構えています。すでに月曜日コナイデコナイデ病を発症しています。

 

休みがほしい。映画を見に行きたい。

 

 

今回は以上です。