自由空間ステフ

富と名誉が欲しい

抗えぬ時の流れ。そして答案返却

こんにちは。 f:id:Stepharu:20161219193617j:image

今日はついにテスト返却最終日。そしてもう少しすれば冬休みです。

冬休み中の課題の量が夏休みのときに匹敵する量なので、只今小さく震えています。クリスマスは歯医者しか予定がないので勉強はたくさんできますね。ハハッ

 

今日は週明けということで月曜日でございます。月曜日は諸悪の根源だと思っている僕ですが、今日は午前中で学校が終わるのでマイルドマンデイです。マイルドマンデイなら許します。

 

本日はテスト返却の最終日。まだ帰ってきていない日本史と数学が僕の元に帰ってきます。

どうせなら帰ってこないでどっかに行って欲しいものですが、そもそも答案返却に受け取り拒否という概念が存在しないようなのでしかたなく受け取りました。

 

とりあえず学校に着いてからは、テストのことを考えないように友達と昨日見た映画の話をしていました。

能天気といえば聞こえがいいですが、目の前の現実もろくに見ることのできないクズと表記すると見方変わりますね。

 

時間というものは無情なもので、どんなに逆らっても同じペースで秒針は進んでしまいます。

具体的腕時計の時間を2時間遅らせて変えることのできない運命に死力を尽くして抗いました。

僕の腕時計、電波時計なんですけどね。

5分後には補正されていました。時間って強い。

 

 

1時間目 日本史

かなり嫌な予感がしていましたが、前回よりも少し点数が落ちた程度で踏みとどまる事ができました。

安心できる点数ではないので油断は禁物です。

次回のテストは一夜漬けではなく前々から余裕を持って備えていきたいです。

 

2時間目 数学

この教科、世間一般では数学と言われるこの化け物。今まで幾度となく僕を苦しめてきました。どのように苦しめてきたかをここで書くと、経歴を表示した画素が死滅して一生残り続けてしまうかもしれないので控えさせていただきます。

気になる方は個人的にきいてください。

ツイッターできいてもらえれば極力お答えします。

 

しかし、今回は直前に勉強をたくさんしています。もはや四角無しとまではいきませんが、視野角は120度くらいにはなっているでしょう。

結果は.......良かったです。

どれくらい良かったかというと、僕の中では祝日が1日増えるくらい良かったです。

秀才の友達であるたいやきくんにも1点ながら上回る事ができたので、将来飲み会なんかがあったら引っ張り出してきて話そうと思います。「おれクラス一位のやつにテスト勝ったんだぜ‼︎」ってね。

 

ちなみに彼は日本史で僕に40点の点差をつけて圧勝しています。

 

ま、秀才への道って簡単ではないですよね。

 

結局テストの合計は前回と変わらず、数学が良くなった分を今回悪かった国語からもらったような結果になりました。

結局内訳が変化しただけなので素直に喜べません。

次回頑張りましょう。

 

前述した通り、今日は午前中日課。僕も先週の木曜日から放置されていた水筒を化学室まで取りに行ってから帰宅しました。

菌のユートピアの完成です。帰ってから熱湯消毒5回しました。

前述した通りっていうのかな。

 

f:id:Stepharu:20161219192106j:image

水筒の一件があったため、もうすでに学校はもぬけの殻。いや、部活の人はいたので、もぬけの殻のレベル10くらいでした。レベル100が苔と藻に全てを支配された終末世界です。

 

f:id:Stepharu:20161219192220j:image

電車もコサックダンスができるだけのスペースがあるほど空いていました。振りなのか?

 

僕はしません。

 

リアルコサッカー(コサックダンサーの一般名称)が近くにいた場合、熱血指導を受けさせられて、挙げ句の果てには下車する駅で降ろしてもらえないのが目に見えてますから。

僕の目に映るものの異常さを少しは感じてもらえたでしょうか。

What they call,いわゆる天才というのは常人とは違った考えを持っていますから。 

 

帰ってからは期限の迫った課題をやろうと思い、パソコンを開いて延々と漫画を読んでいました。

課題の方は「考察」の2文字書きました。

叱責して

 

というわけで、思いの外課題の進みが悪く提出期限での提出への雲行きが怪しくなってきたため、これから課題作成作業に取り掛かろうと思います。

 

 

おっと夕飯に呼ばれた‼︎

僕のルーティンはご飯の後は風呂、その後は歯磨いて寝る‼︎です。

以後お見知り置きを。

 

 

今回は以上です。

 



stepharu.hatenablog.jp