読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

放課後母との会食日記

日記 学校

こんばんは。

 

12月21日です。もう今年も残すところ10日となりました。

 

水曜日なので本来ならば週刊マガジンの発売日なのですが、先週が合併号だった影響で、今週はお休みのようです。

マガジンとイッテQは僕の少なき楽しみなので、今週の半分を僕は失ったようなものです。

昨日は球技祭に疲れて10時には寝てしまったのですが、本日ホームルームが始まる前からアホみたいに眠いです。睡眠の質が悪かったのかもしれません。

昨日寝る前に無茶苦茶マガジンを楽しみにして寝たので、気がついたときはシャー芯が折れたとき以上に悲しかったです。

 

 

今日の学校での予定は大掃除。僕の学校では、学期末の恒例行事として行われています。

f:id:Stepharu:20161221211256j:image

僕の分担場所は教室でした。

f:id:Stepharu:20161221193611j:image

ゴミ箱の洗浄

黒板消しクリーナーの中身の掃除で尋常じゃない量の粉を吸ってしまいましたが、いまこうして生きているので問題なかったということでしょう。

 

大掃除は1時間ほどで終わり、そのまま学校は終わりました。早いです。

今日は部活があったので、帰らず向かいました。もしなかったらどこかに遊びに行っていましたが仕方ありません。

 

f:id:Stepharu:20161221194445j:image

部活の様子

今は次の発表会に向けて今までのデータをまとめている最中です。モナカじゃないよ

僕は隣で無敵のヤギになるゲームをしていました。仕打ちとして、あとあと弁当を持ってきていない僕の隣で美味しそうにご飯を食べられました。適量の罰でしょう。

 

用事があったので早引きし、そのままの格好で済ませにいきました。

 

用事は5分ほどで終わり、そのままどこかに行っていたらしい母と落ち合ってご飯を食べました。

 

母と落ち合う予定の隣駅まで自転車で行ったのですが、

f:id:Stepharu:20161221195727j:image

どこ?

地元民だったら絶対自転車で行かないような道に出ました。少しでも操作を誤れば、自転車もろとも転がり落ちるという恐怖に怯えながら下に向かいました。

そのあとすぐに上り坂で同じ高さまで登らされたのにはベリベリ腹が立ちました。この街にはもう2度ときたくないです。

 

やっとの思いでついたお店。本日の昼食会場は500円でトンカツが食べられるとっても良いお店です。

f:id:Stepharu:20161221195149j:image

 

f:id:Stepharu:20161221195143j:image

 

 f:id:Stepharu:20161221195343j:image

美味しかったです。

駅そば以外でお昼ご飯を取るのが久しぶりでしたので、危うく何もない空間に器を上げてごちそうさまでしたというところでした。

f:id:Stepharu:20161221200231p:image

 

そのあとはちょっとしたカフェに行ったのですが、自分でドリンクを入れ、量も自分で調節できるシステムでした。珍しい

量を調節できるというのはもちろんカップの容量範囲内ですが、多くも少なくも自分にあった量を入れることができます。もちろんおかわりは禁止です。

これを最大限活用すべく、氷も入れずにカップの淵ギリギリに挑戦してみたところ、

f:id:Stepharu:20161221200633j:image

こうなりました。

席まで運ぶ動きがあまりに慎重すぎて、上品なティラノサウルスの歩き方のようになってしまいました。もらった蓋もつけられませんでした。

 

これが僕一人だと非常にバカで近づけばバカが移るような危ない人だと思われてしまいますが、一緒にいた母が飲んだアイスコーヒーと比べると、とてつもなく特をした気分になることができました。同時に自己の肯定にもなります。

f:id:Stepharu:20161221200804j:image

アイスコーヒーと間違って北極買ったのかと思いますよね。

 

帰ったのは3時ごろ。帰り道で買ったたい焼きを食べながら日記を書いています。

f:id:Stepharu:20161221203455j:image

これから勉強もせずに帰りに買った「君の名は。」のビジュアルガイドを読もうと思います。念願叶ってようやく買えました。

 

 

今回は以上です。