読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【2017年節分報告】時速90km/hの豆まき

f:id:Stepharu:20170129140454j:plain

こんにちは。Stepharuです。

別に悪いことをして部屋の家財すべてを引き払われたわけではないので安心してください。

 

 

突然ですが、皆様にお聞きしたいことがあります。

f:id:Stepharu:20170124220845p:plain

「最後にいつ、豆まきをしましたか?」

はい。今回は節分についてです。

 

去年の節分からやっていないという『親豆まき派』の方もいれば、もしかしたらここ数年豆をまいていない、ひどい場合は豆を見ていないという『反豆まき派』の方もいるかもしれません。

 f:id:Stepharu:20170129140651g:plain

小さい頃は狂ったように「鬼はそと!福は内!」と唱えながら外に豆を撒いたり、ときには鬼に扮した父に豆を当てたりしていたことでしょう。

僕は未だに狂ったように豆を撒き散らしていますが、クラスメイトに聞いてみても未だに豆をまき続けていると言う方は少ないです。当然ですね。

 

しかし、どうですか。豆まきって、楽しいと思いませんか?

普段は大切にしろという食べ物を撒くなんて、いつも使っていない脳の部分が働く感じがするじゃないですか!

 

なのに、

進学、就職のために東京に越しては来たものの、最近豆まきが疎かになっていると感じている20代前半の皆様。豆まきは楽しいけどこの年になってくるとなんだか恥ずかしいと感じている思春期10代の皆様、

 

どうして豆をまかないの?

f:id:Stepharu:20170129141311j:plain

YOU豆まいちゃいなYO!!

 

というわけで今回は、個人的に衰えつつあると感じている豆まきを復興させるべく、筆を執ります。

節分に記事をあげなかった理由は、節分が金曜日だったからです。

 

 

しかし、どんなに頑張って節分の魅力について説明をしたところで、

「どうして急に豆まき?」

「豆業界からお金もらってるの?」

と感じる方がいらっしゃるかもしれません。仕方ありません。人間だもん

 

理由は簡単です。

 

刻々と迫りくる、「チョコを母親からしかもらえないバレンタインデー」のことを考えるよりも、節分で思いっきり豆を投げる方が1000兆倍楽しいからです。

 

表向きには文化の復興ですが、バレンタインチョコ地獄に陥るイケメンに、豆で充実している人(いわゆるマメ充)がいることを見せつけてやりたいとも言えますね。

今僕にあるのは劣等感だけです。よろしくお願いします。

 

しかし、女子高生なら豆をまくだけでアクセスしてくれるかもしれませんが、ただの男子高校生が普通の豆まきをしたブログを書いたところで、アクセスしてくれる人なんているはずもありません。むしろ何かのコラにされるかもしれない危険性すらあります。

なので今年の豆まきは、前々から欲しかったものを買うついでに、すこし変わった方法で行うことにしました。

 

 

材料紹介

 

 

1,ペットボトルロケット 1000円

f:id:Stepharu:20170129142900j:plain

出だしから豆まきに関係のなさそうな物が出てきて、さぞかし困惑している方もいらっしゃるかもしれませんが、無視して組み立ててみます。

 

f:id:Stepharu:20170204151437j:plain

形は普通のペットボトルロケットです。試しに部屋で撃ってみたところ、お茶の入ったタンブラーが倒れて、頑張ってやった宿題が水浸しになってしまったので部屋ではもうやりません。

 

ちなみに威力はと言うと、

youtu.be

 

f:id:Stepharu:20170325155849j:plain

 

f:id:Stepharu:20170325155846j:plain

 

f:id:Stepharu:20170325155847j:plain

 

f:id:Stepharu:20170325155844j:plain

 

こんなもんです。

 

ペットボトルロケットは人に向けて撃つとろくなことが起こらないのでご注意ください。僕の友達は玉を失いました。

 

 

2,水を分岐するやつ 1300円

f:id:Stepharu:20170129142901j:plain

正式名称は「三方コネクターコック付き」とのことです。安心の日本製です。

 

ちなみに、いままでの2つをくっつけると、

f:id:Stepharu:20170204151947j:plain

こうなります。

公園の遊具みたいな配色ですが、安かったので仕方ありません。

僕は見た目ではなく性能や中身を大切にする男なので、そこんところよろしくおねがいします。女性の皆さん

 

2つで2300円

 

3,水道管 200円

f:id:Stepharu:20170129142508j:plain

近くのホームセンターで購入しました。1mで200円しないコスパの良さです。

この時僕は店に行く前に病院に行っていました。薬をもらうためにあとで行った薬局に水道管を持っていったので、「得体の知れない、なんかやばいやつ」を見るような視線を向けられました。傷ついたのでおすすめしません。

 

これを先程のコネクタにくっつけると

f:id:Stepharu:20170204163414j:plain

こうなります。まだ全貌が見えていないという方も、もうそろそろスッキリするのでもう少しもやもやしていてください。

 

完成

f:id:Stepharu:20170129142440j:plain

全長1m20cm、女性でもらくらく使えるサイズです。

 

f:id:Stepharu:20170204164047j:plain

動力は圧縮した空気のみ、環境にも優しいです。

もしも世界の終わりが近づいて、世界からあらゆるエネルギーが無くなってしまったときでも、このマメガンは動き続けられます。

 

f:id:Stepharu:20170204164144j:plain

ようやく、こんなに立派な豆射出機が完成しました。

このマメガン、火縄銃ととても似ていて、リロードにとても時間がかかります。

なので、実戦の際は三人ほど友だちを呼んで一緒に三段撃ちをすることをおすすめします。

 

かかった費用は、

合計2500円也!!

正直、これにお金をかけすぎたため、1月は安いお菓子ですらもあまり買うことができませんでした。後悔しています。

 

f:id:Stepharu:20170204164203j:plain

横から見てみるとこんな感じ。明らかに豆まきの姿勢ではないことはかんたんに理解できるかと思います。

 

ちなみに、この射出機がどれほどの威力を持っているのか。動画でお確かめください。

youtu.be

空気だけを噴射しましたが、軽く砂でできた一山を消し飛ばしてしまいました。威力は十分なようです。

 

豆まきですから、撃ち出す弾ももちろん豆です。

f:id:Stepharu:20170204164458j:plain

今回は「煎り大豆」「小豆」「黒豆」の三種類の豆を用意しました。

そして、今回の記事では、数々の試験を耐え抜いた

f:id:Stepharu:20170204165422j:plain

小豆を採用することになりました。(後ほど政権交代あり)

小豆を選んだ理由は、実際の発射試験で5回発射されても崩れなかったためです。

ちなみに発射試験とは、硬い部屋の壁に向かって放つことです。

 

f:id:Stepharu:20170204165448j:plain

ちなみに、この試験によって煎り大豆は発射の威力で粉々になり、同時にきな粉に変身しました。

黒豆は薄皮がむけて、なんだかちょっぴりエッチなマメ♥になりました。

 

あとで知ったのですが、豆=魔目(魔を滅する)というのが豆まきの由来で、煎り大豆をまくのは「大豆を煎る」が「射る」の語呂になるからだそうです。

つまり僕が今から小豆や黒豆でやろうとしている豆まきは、全く意味のない、言うならばただの散らかし行為だということですね。文化への冒涜の極みですね。

 

撃ってみる

というわけで、撃って、いや、撒いていきましょう。

豆を撃つと言っている時点で豆まきの定義が破綻していますが、見過ごしていただけるとこちらとしても幸いです。

 

しかし、初めから人や鬼に向けて使って仮にも風穴を開けてしまっては恐ろしいことこの上ありません。

そこで、

 

f:id:Stepharu:20170204170815j:plain

威力確認の為、まずは片手間に書いたに豆を撃ち込んでいきます。紙は一般的なコピー用紙です。

 

f:id:Stepharu:20170204164047j:plain

空気を入れます。 

僕はこの状況で親に出くわした場合、何も言い訳ができずに硬直するしかなかったので、皆様がやる際にはぜひ先に言い訳を考えておくことをおすすめします。

おすすめの言い訳は、豆を入れてなければ「これで誕生日ケーキのロウソクを消すんだ」で、豆を入れていたら「食べるんだ」です。どちらも実演を強いられた場合は覚悟決めてください。

 

準備ができました。いよいよ豆を撃ち撒きます。

 f:id:Stepharu:20170204170555j:plain

やっていることはどうしようもないことなのにもかかわらず、先端をぼかして写真を撮るとかっこよく見えるもんだから不思議です。スナイパーのMr.ビーンですこんにちは。

 

それでは、長々とお預けしてきましたが、いよいよ初撃ちです。

 

f:id:Stepharu:20170204170950j:plain

3

 

f:id:Stepharu:20170204170815j:plain

2

 

f:id:Stepharu:20170204170555j:plain

1

 

 

発射!!

 

www.youtube.com

 

 

f:id:Stepharu:20170204172346g:plain

ズバーーーン!!

 

どうでしょうか。コピー用紙程度ならかんたんに撃ち抜くことができるようです。

2月3日に鬼に撃つ撒くのが楽しみです。

 

この後、ハイスピードカメラを使って豆の速さを計算してみたところ、1mを約0.04秒で移動していました。

時速にすると、約90km/hです

発射したときの興奮たるや、それはもう高速道路に来てみたら車と豆が並走していたくらい興奮しました。

節分がとても楽しみです。

 

2月3日 節分当日

f:id:Stepharu:20170130181651j:plain

というわけで、節分当日となりました。

早速豆をまきに行きたいところなのですが、肝心の鬼になってもらう友達から連絡があり、

f:id:Stepharu:20170204173749p:plain

風邪を引いてしまったとのです。

かきいれ時に何やってんだよ鬼。

というよりも風邪引いているくせに早起きしすぎじゃない?

 

 

しかし、鬼に人権はありません(当然)

というわけで、

 

 

f:id:Stepharu:20170228223049j:plain

とある場所にやってきました。今日はここで友だちと豆まきをしていこうと思います。

 

しかし、人間の心を持っている以上、風邪(ましてやインフルエンザ)を引いている友達に、むりやり豆をまくような非人道的なことはできません。

 

というわけで。

 

f:id:Stepharu:20170228223109j:plain

僕が空気を入れて、

 

f:id:Stepharu:20170228230751j:plain

豆を入れて撃たれます。なんでだよ

いろいろ調べてみた(実験をして)結果、人のように柔らかいものだと、黒豆が一番ダメージを与えられることがわかりました。

カメラマン、スナイパーはインフルの友達です。人権もあったもんじゃありません。

 

機械を友達に渡し、

 

f:id:Stepharu:20170325163841j:plain

スタンバイします。

壁に向かってズボンを下ろしている時点で、立ちションと間違われてしまいそうですが、決してそういうことはしていないので安心してください。

並びに、本当ならば生尻でやったほうがいいことは重々承知しているのですが、僕はまだ自分の生尻をネットに晒せるほど吹っ切れていないのでご了承ください。

あれだから、皆さんのパソコンや携帯に生尻映ったら、その画素、死滅するから。

 

 

それでは、鬼退治されていこうと思います。

 

 

f:id:Stepharu:20170325163844j:plain

「それでは、お願いします」

自分で自分のお尻に豆をまくことを許可する行為は、普通の人だと脳にかなりの負荷がかかるのでご注意を。

 

 

友達「いきまーす」

 

youtu.be

 

 

f:id:Stepharu:20170325163844j:plain

 

f:id:Stepharu:20170325163914j:plain

着弾

 

f:id:Stepharu:20170325165800p:plain

やりきった無傷の豆。

 

f:id:Stepharu:20170325163850j:plain

「んぐっ」

 

f:id:Stepharu:20170401190507g:plain

 

f:id:Stepharu:20170325163854j:plain

・・・

 

友「どうだった?」

 

「心地よい程度の痛みでした」 

 Mじゃないです。

 

まとめ

2500円という高校生にはそこそこ多額のお金をかけて作った豆射出機。

 

それ自体は豆を時速90kmで飛ばせるという申し分ないスペック。

 

しかし、得られたのは反応の薄い僕がうつる動画と、90km/hの豆はそんなに痛くないという事実。

 

 

 

僕が今回一番言いたかったのはこれです

f:id:Stepharu:20170325213439j:plain

 

以上ですさようなら。

 

 

 

あとがき

ちなみにこのあと僕はと言うと、

f:id:Stepharu:20170204174015p:plain

風邪を引きました。

f:id:Stepharu:20170204181154j:plain

恵方巻き食べて寝ます。 

 

 

 

f:id:Stepharu:20170204181220g:plain

今回は以上です。

最後までお読みいただきありがとうございました。