自由空間ステフ

富と名誉が欲しい

ロケットで体重を偽ろう!!

こんにちはStepharuです。

 

 

 

突然ですが皆さん、

こんな話、よく聞きませんか?

 

恋する乙女の話

f:id:Stepharu:20170321183703j:plain

ついつい食べすぎちゃって運動もしなかったから、余計なお肉がお腹についちゃったテヘッ

 

f:id:Stepharu:20170321183852j:plain

で、体重計乗ってみたら目も当てられないような数字。きゃー大変テヘッ

 

そして次の日、たまたま意中の男の子と急接近!

調子に乗って好きな女性のタイプを聞いてみたら・・・!

 

f:id:Stepharu:20170321191243j:plain

「僕の好きなタイプ?うーん、ぽっちゃりよりはスリムでセクシーな人かな~。ましてや自分より重い人はプークスクス」

 

f:id:Stepharu:20170321190752j:plain

 

 

よく聞きますよね。多々ありますね。

 

 

f:id:Stepharu:20170321184114j:plain

僕のツイッターのタイムラインでも、無情にも増す肉に嘆く声をよく見かけます。その度僕は、

「いいねを押せば

『あたしがデブっていうの!?』

と言われるかもしれないし、放っておけば

『そのままブクブク太れっていうの!?』

なんて言われちゃうかもしれない・・・」

という葛藤を繰り返しています。これほどまでに無慈悲な矛盾があるでしょうか。

毎度いいねを押すか押さないか迷って精神をすり減らしていますので、もしもシステムエンジニアの方がこの記事をご覧になっていたら、「私デブかもツイート」略してメイビーデブツイをフィルタリングするコードを書いてください。お願いします。

 

失敬、話がずれてしまいました。今回言いたいことはそんなことではありません。

 

とにかく、そんな悲痛な叫びを上げているかわいそうな女性(と心身ともにすり減っている自分)を見過ごせるほど、僕の心は冷えていないのです!!

 

そこで僕は思いつきました。

 

f:id:Stepharu:20170322183412j:plain

「ロケットみたいに下からなにかを出せば軽くなるんじゃない?」

根本的な解決には全く至っていませんが、一時的な余裕を生むためと考えれば十分でしょう。

 

 

というわけで今回は、

f:id:Stepharu:20170321185807j:plain

SNSに体重をアップしないといけないときに役立つ瞬間的に痩せる方法3選
をご紹介いたします。

最終奥義なのでめったに使うことはないとは思いますが、本当に追い詰められて軽い体重を見ないと死ぬとき、SNSに鯖読んだ体重の写真をアップするとき、

ぜひやってみてください。

 

f:id:Stepharu:20170321184949j:plain

ちなみに、「地球上、腹ペコ、ヘリウムガスを吸っていない」という体重測定前の三原則に則った状態での僕の体重は52.5kgです。

 

果たしてどれだけ軽くなれるか楽しみです。飛べないかな

 

 

早速行きましょう。

 

1.重たいものを下に投げる

下に向かって、思いっきり重たいものを投げることで、そのエネルギーが自分を浮かせようとするのではないかという予想。

今回は、気軽に投げられてかつまあまあ重たいもの代表として、

f:id:Stepharu:20170321190324j:plain

重い参考書と和英辞典を用意しました。

特に英語に恨みを持っているわけではありませんが、適当にチョイスしたらこのお二方になってしまいました。英和ではなく和英なのは、なんとなく和英のほうが重そうだからです。

ちなみに僕なら、体重計に乗りつつ辞書を持って乗る彼女を永遠に理解できないまま別れてしまうと思います。寛大な心を持つ男性とおつきあいください。

 

f:id:Stepharu:20170321193038j:plain

テキスト界の重鎮と呼ばれるこのお二方ならば、僕の体重を見事に偽ってくれることでしょう。

 

 

f:id:Stepharu:20170321193050j:plain

振りかぶって

 

f:id:Stepharu:20170321193107j:plain

投げた!

 

youtu.be

f:id:Stepharu:20170321192746g:plain

けたたましい轟音が床に響き渡りました。これは良い結果が出そうと言いたいところですが、体重計に乗って辞書を床に投げる行為自体、初めての経験ですからなんとも言えません。

とりあえず、「高校生として何かいけないことをしてるな」という感情だけは理解できました。

 

測定に入ります。

 

第二カメラの映像

 

投げた直後の体重

f:id:Stepharu:20170321210024j:plain

 

f:id:Stepharu:20170321210137j:plain

48.3kg

 

結果

48.3kg-辞書を持たない僕の体重52.5kg=

-4.2kg

 

なんと!

初めからいい結果が出ました。まさか辞書を投げただけで瞬間的に4kg以上も痩せることができるなんて夢みたいですね!

これで自撮りをすれば、体重計によって証明された体重をSNSににアップできそうですね!辞書を床に投げつける姿も

 

 

2.ペットボトルロケット(空気)

f:id:Stepharu:20170321210846j:plain

圧縮した空気を一気に放出することに優れたこの道具。主に実験に用いられます。

しかし最近では、何かを飛ばすために用いられたり、ホットケーキなどの料理を作る際にも使われているそうです。

 

f:id:Stepharu:20170321212818g:plain

空気を入れます。入れる量はお好みですが、内圧がペットボトルの限界を凌駕する直前が一番オススメです。

冷静になって考えてみると、この動作が一番ダイエットに繋がる動きです。

 

f:id:Stepharu:20170321212907j:plain

容器を叩いたときに高い音がすればいい感じです。

 

このペットボトルロケット、至近距離で発射すると、かなりのエネルギーを持っているので、かなりのダメージを受けます。

くれぐれも自分のお腹等に発射しないようにしてください。 

youtu.be

本当に痛いです

例えるなら、酔っぱらって千鳥足になっているタイキッカーのキック

 

ということでやっていきます。

 

どれだけの空気が出ているかをわかりやすくするために、

f:id:Stepharu:20170321213828j:plain

周りにティッシュを散らしておきます。親切ですね僕

 

それでは行きます。

f:id:Stepharu:20170321214907j:plain

ブウォン

 

youtu.be

 

f:id:Stepharu:20170321214702g:plain

バサーッ

 

なかなかの威力なんじゃないでしょうか。

 

 

測定に入ります。

 

f:id:Stepharu:20170321215417j:plain

52.8kg

 

結果

52.8kg-52.5kg=

+0.3kg

 

なぜか太りました。

 

3.ペットボトルロケット(空気+水)

f:id:Stepharu:20170321215839j:plain

ついにこの時がやってきました。

絨毯がずぶ濡れになるのが嫌で、今まで部屋の中で水を入れて発射することを拒んできました。しかし、自分で企画してしまった以上やりきるしかありません。

 

もうどんなに嫌がってもやるしかないのでちゃっちゃとやっていこうと思います。

 

注意!!

f:id:Stepharu:20170321221037j:plain

体重計の防水化は忘れずに!

もしかしたら今日一番伝えたいのはコレかもしれません。

 

 

それでは、行きます。

 

f:id:Stepharu:20170321221220j:plain

1,素直が一番、ストレート期

 

f:id:Stepharu:20170321221222j:plain

2,威力絶大、大噴射期

 

f:id:Stepharu:20170321221224j:plain

3,割とダメージ、チョロチョロ余り水期

 

動画でどうぞ(見ること推奨)

youtu.be

 

f:id:Stepharu:20170321220922g:plain

 

一回目体重計のスイッチを入れ忘れていたせいで、二回絨毯に水を噴射することになりました。祟りがありそう

 

計測入りまーす

 

f:id:Stepharu:20170321222936j:plain

50.8kg

 

結果

50.8kg-52.5kg=

-1.7kg

すごくないですか?瞬間的とは言え、ペットボトルロケット1.7kgも痩せることがで来ました!

 

 

 

f:id:Stepharu:20170321223338j:plain

それなりの代償は伴いますが、体重が減るならどうってことないですよね!

 

 

 終了

そんなわけで、2時間ほどかけて一通りの実験が終わりました。

総合結果はこのようになりました。

 

f:id:Stepharu:20170321224035j:plain

一位 辞書と参考書 -4.2kg

二位 ペットボトルロケット水入り  -1.7kg

三位 ペットボトルロケット空気  +0.3kg

 

となりました。

 

僕は水入りペットボトルロケットが一位になると思っていたので意外な結果でした。あれだけ被害を被ったのだから一位であってほしかったのが書き手の正直なところです。

 

空気ペットボトルロケットで太った理由はわかりませんが、あまりの威力に僕が一瞬噴射口を上に向けてしまっていた説が有力です。ハイスピードカメラを欺く僕の腕力の凄まじきことこの上ない。

 

 

というわけで、 

f:id:Stepharu:20170322182130j:plain

一通り体重を偽る方法を紹介してきたのですが、いかがだったでしょうか。

みなさまがこの記事で読んだことをいつか思い出し、周りの人が皆素の体重をアップするためダイエットを頑張る中、それを尻目にみて優越感に浸り、軽い体重をゆうゆうとアップする機会があることをお祈りします。

 

皆さんも一時的に痩せた写真をインスタグラム等にアップする際は、ぜひ実践してみてください。

 

f:id:Stepharu:20170321223357j:plain

このあと2時間かけて部屋をもとに戻しました。もうやりません。

 

 

 

あとがき

今回の撮影で使用した写真を使って女友達を口説こうとしましたが

f:id:Stepharu:20170322181739j:plain

 

f:id:Stepharu:20170322181534j:plain

 そもそも外見でシャットアウトでした

このあとその人とは連絡が取れていません。

 

 

 

f:id:Stepharu:20170321230847j:image 

今回は以上です。