読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Stepharuの日常

カップラーメンを待つその3分で、あなたを笑顔にしたい

ペン回しは、一本だからやりすぎる

f:id:Stepharu:20170514224912j:plain

 

皆さんは、ペン回しというものを知っているだろうか。

ペン回しというのは、その名前の通り、ペンを回す行為のことを指す。

 

勉強中、ふとした瞬間についついやってしまう"ペン回し"

しかし、テスト中などについついやってしまうと、ペンを落としてしまったりして迷惑だったりもする。

回すということは頭を使うことでもあるから、僕は授業中眠くて寝てしまいそうなときによくペン回しをして眠らないようにしている。

 

何も考えずにずっと回していると、ついつい永遠に続けてしまうペン回しだが、僕はこんなことを考えてしまった。

 

「ペン回し、一本でやるからやりすぎてしまうのでは」

 

そう。ペン回しは、大体の人が一本でやるはずだ。

もちろん、とても上手なプロの人などは何本も使ってカンフーのような技を繰り出すわけですが、一般の方々はきっと一本で単純な技を繰り出していることだろう。かくいう僕も一本でしかできない。

 

話は戻るが、僕はペン回しで一気に何本も回せばすぐに満たされるのではないかと思った。

このご時世。時間に追われみんな忙しく過ごしている。そしてその大切な時間をペン回しが侵食してしまっているのも確かだ。

 

ということで、僕はこの問題を解決するべく

「ペンケースごと回すとすぐ満たされる」

という仮説をたて、実験してみた。

 

まずは、普通の状態でペン回しをしてみて、何回ペンを回したときに満たされるのかを確かめた。

 

f:id:Stepharu:20170514225948j:plain

ペンを回す。

 

f:id:Stepharu:20170514230000j:plain

勉強をしながらもペンを回す。

 

f:id:Stepharu:20170514230013j:plain

本を読みながらもペンを回す。

 

そうやって続けた結果、ペン回しに満足をしたのは「240回」だった。これは、一秒に一回のペースで回していたため、1満足するのに4分間かかったことになる。

 

次に、ペンケースにペンを詰めて回してみる。

 

f:id:Stepharu:20170514230213j:plain

 

f:id:Stepharu:20170514230229j:plain

入れたペンは3本。一般的なペンケースを再現するため、ペンはマッキーペン、多色ボールペン、そしてシャープペンだ。シャープペンが一般的ではない0.4mmのものであるが、そっと流してもらいたい。

そして、更にリアルを追求するため、定規や消しゴム、シャープペンの替芯も一緒に入れた。

 

f:id:Stepharu:20170514230453j:plain

そして、通常のペン回しと同様に回す。

 

こちらは動画があるのでぜひご覧いただきたい。

フルハイビジョン、60コマの動画ででご用意させていただいた。ヌルヌルの動画を見ていただきたい。

 

youtu.be

 

どうだろうか。

検証では、たったの9回で満足してしまった。

ペンケースの中には3本ペンが入っているので、9×3で27回相当だ。なんという時間短縮だろう。時間にしても20秒ほどなので、一本でやるよりもかなりの時間短縮になったことがわかる。

 

f:id:Stepharu:20170514231018j:plain

そうなると、このペンたちも違ったように見えてくる。

時間を操るペン。なんだかとても響きがかっこいい。時間操作《タイムエディター》とでも言うべきか。

 

今回の検証で、ペンケースをペン回しにように回すと、時間短縮につながることがわかった。

みなさんも、時間は無いがペンは回したいという浮世離れした感情をお持ちの方は、是非試していただきたい。

 

なお、

 

f:id:Stepharu:20170514231848j:plain

このように欲張ってペン立てをまわすと、

 

f:id:Stepharu:20170514231829g:plain

そもそも回らない上にとてもうるさいので注意してほしい。

これは、先に寝た父をペン立ての落下音で起こして怒らせてしまった僕からの忠告だ。

しかし、こちらは一回回しただけで満足し、時間も測れないほどに短かった。優秀ではあるが、果たしてこれはペン回しなのだろうか・・・

 

 

それでは、皆さん。節度を守ってよいペン回しライフをお送りください。

 

 

 

今回は以上です。